09

2つのキューブの家

建物は沖縄県中部のうるま市にある。敷地周辺は閑静な住宅街になっており眺望は望めない。

自社の木造モデルハウスとして設計を依頼され、家族構成は4人、駐車台数3台、眺望は望めない為プライバシーの確保を優先した。

建物は2つの大きさの違うキューブが合わさった形状になっており平家の部分と2階建の部分で別れている。

2階には主に子供室を配置し平家部分に主寝室及びLDK、水回りを配置した。暗くなりがちな建物中央部にテラスを配置し光と風を取り入れる事よって、良好な居住性とプライバシーを確保する事が出来た。

提案のポイントとしては高齢になっても暮らしやすい平屋の部分がある事と子供室を2階に配置したことにより建坪を減らすことが出来、色々な敷地に合わせやすい建物形状にすることが出来たのがポイントになった。

廊下

テラス

LDK

カウンター

キッチン

主寝室

Detail

階数
2階建て
床面積(1F)
76.39㎡(23.10坪)
床面積(2F)
32.29㎡(9.76坪)
延床面積
108.68㎡(32.87坪)
家族構成
ご主人、奥様、子供2名 合計4名

Company

会社名
サイアスホーム株式会社
設計
宮里友彰
所在地
沖縄県沖縄市登川2671-1
工務店紹介
工務店紹介ページへ
公式HP
https://www.saias-home.co.jp/